第三回三つ峠合宿

三年生の伊藤です。今回、6/17,18で三つ峠にクライミング合宿に行ってきました。今回のメンバーは、三年生が伊藤、河野、三浦。二年生が木村。一年生が坂爪、二日目から合流の周東で合計六人です。今回三浦はほぼ一年ぶりの山…どうなるのか!

6/17

この日は前日の夜に生田キャンパスを出発し、車で三つ峠裏登山口へ。深夜0時ごろに到着し、仮眠のち出発しました。

登り始めて数十分で木村が体調を崩すなどアクシデントもありながら、なんとかいつものように一字一石供養塔に到着。テント設営ののち、クライミングを開始しました。

1498471565609

体調を崩した二年生木村

初日の計画は、第一バンドを経由して天狗の踊り場まで向かうこと。伊藤リードの坂爪、木村組と河野リードの三浦組で登り始めました。

1498471564731

ビレイは任せたぞ~

河野、三浦ペアは三年生ということもあって、問題なく天狗の踊り場まで登ったのですが、二年生木村に問題が発生。なんと、木村が第一バンドまで登ってこれないという事態が…体重90㎏は伊達じゃなかったです…

一時間半ほど頑張った木村でしたが、無念のギブアップ。木村を下に残し、伊藤、坂爪の二人で天狗の踊り場を目指します。

一年生坂爪、初めてで右も左もわからないのにめちゃくちゃ怒られながらも、なんとか天狗の踊り場まで到着しました。小休憩ののち、伝統の大根おろしルート挑戦。30分以上かかりながらもなんとか登り切りました。

1498471424804

頑張れ!!!

そのあと懸垂下降で下まで降り、一年生周東を駅まで迎えに行き、就寝しました。(迎えに行くのが思ったより時間かかって寝たのは23:00過ぎてました)

6/18

この日はパーティーを二つに分け、河野、周東ペアと伊藤、三浦、木村。坂爪の四人のグループで行動しました。

まずは四人組から。

前日の行動を顧みて、木村、坂爪にロープに慣れてもらおうということで天狗の岩場へ。懸垂下降の練習などに勤しみました。

一通りの練習が終わったのち、テントへ戻り河野、周東ペアが戻ってくるのを待ちます。戻る途中で声をかけてみたところ、今から降りる、との返答が。すぐに帰ってくるだろうと踏んで待っていた(昼寝していた)のですが、なかなか帰ってきません。そこで様子を見に行くことに。

では二人は何をしていたのか。

三つ峠屈指の人気ルート中央カンテを登りにいった二人。登っている途中はよかったのですが、降りる際にアクシデントが。

1498471412886

あんなことになるとは思っていない周東

降りる際に、ロープの結び目がクラックにひっかかってしまい回収できないという事態が。しかし後続のパーティーがロープ回収を手伝ってくれたので、無事に下降できました。初めての外岩でまさか降りれなくなりかけるとは、さぞ怖かったでしょう。下降ルートも大切ですね。

お世話になったみなさん。おそらく山岳会の方々だと思いますが、お名前を聞くのを忘れてしまいました。この場を借りてお礼を申し上げます。

その後、車でいつものように紅富士の湯へ寄って、渋滞をやりすごしながら皆で帰宅しました。みんなお疲れさまでした!

1498471422411

FUJIYAMA~

文責 伊藤

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中